GalleryMIKI


まだ小さな幹が、いつか大きな樹になるようにと願いを込め、このお店を始めました。

当サイト内の文章・画像の無断転載・複製は禁止致します。

923083_456503171092876_978459513_n.jpg

パピィ集合.jpg     全員集合♪水兵さん.jpgFJ311763A.jpgFJ311550a.jpgFJ311744a.jpg
12347675_999422706784535_7470125744775514758_n.jpgFJ312147a.jpg2016年ハロウィン.jpgFJ312327A.jpg京都男子と.jpg    京都男子と♪
FJ312640a.jpgFJ312729a.jpg

 パポットサトミ  PAPPT0 SATOMI


 大阪デザイナー専門学校 グラフィックデザイン課を卒業後、
 1997年より作家活動を開始。

 当時の仲間とグループ展「ture-zure展」を梅田茶屋町画廊で開催。
 その後は、数多くの企画展に参加。
 関西の百貨店での企画展や、東京の銀座や名古屋など関西外での企画展にも参加する。

 大阪市内の図書館にてボランティア展示活動にも参加。

 ワダカルシウム制約の2004年カレンダーイラストを担当。

 2011年には日本言語聴覚協会の「言語聴覚の日」ポスターのイラストを担当する。
 2012年は、各観光都市の土産品の包装イラストなどを手がけるなど、産業デザインなどにも精力的に活動中。

 2012年10月アーティスト名「Satomi.」を「パポットサトミ」に変更する。

 2013年2月、自身の企画から1dayイベント「クリエmono」を開催。

 くまのパピィ BEAR PAPPY


 2003年 神戸須磨大丸にて開催 ギャラリー幹企画「ちいさなちいさな森の中」展で、
 Satomi(現在パポットサトミ)に描かれたくまさん。
 描かれた当時は、名前がなく「森のくまさん」としてシリーズで3点が出展された。

 2010年より、「パピィ」と名前がつき、オリジナルキャラクターとして、
 グッズ等の販売を開始した。
 パピィは、「子犬」のPUPPYのようにかわいらしいことから、名付けられた。
 つづりは、PUPPYのUでなく、AでPAPPYである。
 作者がくまさんという動物を、
 父親のような包容力を感じることからPAPPYとしたが性別はない。
 男の子でも女の子でもなく、パピィなのです。







ぺこり.png

   

papapapappy_HP用.jpg

パンダとパピィの宴展_HP用.jpg

穴.png